住宅にウォークインクローゼット必須な理由

マイホームで「作っておいてよかったもの」と言えば、ウォークインクローゼットですね。わが家は福生市に注文住宅で建てた一戸建て住宅で、そして設計から建設までをひとつの工務店にお願いしています。それでその工務店の設計士さんが積極的にすすめてきたのが、「ウォークインクローゼット」だったのですよね。

しかし、正直に言いましてウォークインクローゼットはわが家には不要だと思っていました。なぜなら、私も旦那も衣装持ちではありませんから。服は年齢が上がるとともにほとんど買わなくなっていますし、それに断捨離ブームもあってずいぶんと服の量も減らしましたからね。ですからウォークインクローゼットなんて、無用の長物だと思っていました。

けれど、今更ながらですが「作っておいたらウォークインクローゼットって本当に便利!」なのです。クローゼットと言えば、「服を入れるところ」と思いがちですが、要するに物置ですからね。しかもウォークインクローゼットとんりますと、より一層物置感は増しますよ。ですから洋服がなくても、旅行かばんからお掃除グッズから何から何までボンボン入れられて楽なんですよ。

ですから本当に今更ながら、ウォークインクローゼットは作っておいて良かったと思っています。これでウォークインしないタイプのクローゼットでしたら、洋服ぐらいしか入れていなかったことでしょうし。ボンボンと入れられるクローゼットって便利ですよ。