注文住宅の第一歩は営業さんとの意思疎通が大事

家を建てようと考えた際、大手ハウスメーカーでも地域の工務店でも信頼できることが第一だと考えて青梅市で新築の工務店業者を決めました。
ただ何をポイントに業者をえらぶかは、やはり営業さんとの相性になるのかもしれません。
営業さんと意思疎通が出来ない場合はほんとにイライラしますし、数ヶ月間そのかたと付き合わなければならないので慎重に何社かお話を聞いて決めました。

まずはモデルハウスなど見学して社員の雰囲気をみたり、見学後のセールスの電話や郵便物などでまずは判断しその後家にきていただいて営業さんの対応で検討しました。
同じように何社か検討し一番家の理想を理解してくれ無理なことは違う方向で諦めず検討してくださり楽しく家作りができたと思います。
もう一つ大切なのがアフターサービスでこのことについてはしっかりと書面で約束し口頭ではなんどもこまかなところまで聞くことが出来たのもよかったと思います。

やはり理想は理想・現実は現実として最低10年先のライフステージを考えて作ると子供部屋はこの程度でリビングは広々などイメージがまとまりやすくなりますし営業さんにも
具体的に伝えることができると思います。