建売建築途中の物件を契約するにあたって

家を建売で購入した際、外構工事は含まれているのか、家の設備でテレビのアンテナ、カーテンレール、網戸などは購入代金に含まれるのかなどがよくわからず不安に感じました。

建売の建築途中だったため壁紙の色など変更したかったが変更できなかったため、完成するまで家の中の感じがわからずの契約に不安を感じていました。
諸費用の内訳はよくわからずにもっとしっかり話を聞けばよかったと思いました。

まず、建売建築途中物件を購入すると決めたため、まずはハウスメーカーの方への質問を紙に書いてまとめました。
夫婦で話し合って、疑問点や妥協点などをきちんと話し合ってからハウスメーカーの方に不明点な不安な要素などを話して、こちらがわかるまで何度も細かく聞いたり確認したりの繰り返しと、ハウスメーカーが他に建てた物件を見に行って、今、建築途中の家がどんな感じに出来上がるのか、内装はどうなのかを見てまわり納得することができました。

わからないことや不安なことはきちんとメモなどにまとめておくと、ハウスメーカーの方に聞きやすくなります。
妥協できない部分などはきちんと伝えて理解してもらうといいと思います。

PR|羽村市で二世帯住宅を新築